2016年2月6日土曜日

2016 楽天ゴールデンイーグルス TOP10 Prospect

2016 楽天ゴールデンイーグルス TOP10 Prospect

当ランキングは選手の将来性と即戦力性のバランスを考慮して作成しました。基準としては現行のNPBの新人王規準ではなく、50IP/140打席(あくまで目安)たるメジャーかぶれの基準となっております。選手名リンク先から選手の動画に飛びます。



1. 森 雄大(LHP)
2軍:19試合 109回/95K/56BB 2.64ERA
1軍:3試合 17回/17K/9BB 5.29ERA
12年ドラフト1巡目指名。ウェイン・チェン(マーリンズ)と比較されるストレートで”押せる”本格派左腕。自慢のストレートは常時140㌔前半を叩き出し、最速で148㌔に達する。セカンドピッチのスライダーは1軍でも空振り率20%を記録するなど有効だった。コマンド&サードピッチを磨いていきたい。


2. 安樂 智大(RHP)
2軍:19試合 49回/35K/13BB 2.57ERA
1軍:1試合 6回/4K/5BB 0.00ERA
14年ドラフト1巡目指名。粗削りながら最速157㌔のストレートを投げ込み、スライダー&フォークも一級品。懸念されていた右肘の故障も順調な回復を見せ、1軍では初先発=初勝利も飾った。現段階では決め球が甘く入るシーンが目立ち、コマンドが磨かれれば自然と三振数も増えてくるだろう。


3. 茂木 栄五郎(3B)※ルーキー
ピュアヒッター。バットコントロールが良く、171cmと小柄ながら広角に長打を打つことができ、4年春にはリーグ最多の5本塁打。4年秋は打率.200と調子を崩したが、プロからの評価は依然として高いままだ。50m6秒0とスピードも十分で、3Bディフェンスではフットワークも良い。

4. 石橋 良太(RHP)※ルーキー
即戦力の社会人ルーキー。最速149㌔のストレート&カッター主体にコマンドよくコーナーの低めを攻める。救援時には140㌔後半を連発することもあり、リリーフとしての適性も評価されている。先発、リリーフいずれの役割にしても1年目からフル回転が期待される。


5. ルシアノ・フェルナンド(OF)
2軍:67試合 .287/..332/.484 9本塁打 1盗塁
1軍:39試合 .192/.250/.256 1本塁打 0盗塁
日系ブラジル人。175cm/79㎏のガッチリした体格に日本人離れしたパワーを秘める。鋭いスイングで広角に長打を量産できるのも魅力の1つだ。2軍ではチームトップの9ホーマー。アグレッシブなアプローチで1軍では三振率29.8%。

6. オコエ 瑠偉(OF)※ルーキー
15年ドラフト1巡目指名。超人的な身体能力の持ち主で芸術的外野守備は間違いなく即一軍レベル。しかし打撃ではスイングのフォームを含めて課題が山積みで、プロレベルの投手に対応的でるかは未知数。長い時間をかけて育てていきたい素材。

7.  三好 匠(SS)
2軍:67試合 .277/.342/.419 4本塁打 1盗塁
1軍:9試合 .207/.258/.310 0本塁打 0盗塁
高校時代には投手としても非凡な才能を示したセンスの塊で、潜在能力の高さはチームでもトップクラスだ。フットワークの軽い内野守備に加えて、2軍でOPS.761をマークしたパンチ力も備える。ボール球を振るシーンが目立ち打席でのアプローチ改善が求められる。

8.吉持 亮汰(SS)※ルーキー
15年ドラフト2巡目指名。走攻守揃った身体能力抜群のSS。打撃ではパワーレスながら4年春に首位打者&ベストナインを受賞。右のスピードスターとしての姿は荻野貴(マリーンズ)と比べられる。大学通算90試合で62盗塁をマークした傑出したスピード&投手として146㌔を計測する強肩の持ち主。

9.入野 貴大(RHP)
2軍:31試合 41回/35K/17BB 1.98ERA
1軍:19試合 28回/24K/13BB 4.18ERA
最速150㌔を超えるストレート&大きく落ちるフォークボールを武器に愛媛&四国と独立リーグを渡り歩いた28歳。2軍では中継ぎ&抑えとして10セーブを記録。1軍ではBB/9=4.18とコマンドに苦しんだ。

10.堀内 謙伍(C)※ルーキー
15年ドラフト4巡目指名。U-18杯では正捕手としてチームの準優勝に貢献。身体能力&野球センスに恵まれており、捕手経験はまだ浅いが、高校生離れしたCディンフェスを示している。バッティングでは鋭く振り抜く。メークアップにも優れており、未来の司令塔候補。

Plus one Prospect
足立 祐一(C)※ルーキー
15年ドラフト6巡目指名。思いきりの良いパワフルなバッティングに定評を得ており、社会人代表戦ではレフトとしてもプレー。捕手としては2塁送球でコンスタントに2秒を切るスローイングの評価が高い。すでに26歳を迎えており、即戦力として期待される。

0 件のコメント:

コメントを投稿