2014年6月7日土曜日

ナショナルズプロスペクト総括 5月編 Nationals's prospects review in May

はい、久しぶりの投稿です。ドラフトも終わりましたね。ウチは全体18位でFeddeを指名しました。
まあ指名してしまったものは仕方ないです。これからの活躍に期待しましょう。
ここで一句。
 TJと
 ボラス物件
 18番(18位指名と掛けて)
お後がよろしいようで

今日は先月に引き続き、ナショナルズのプロスペクトの動向について「my ranking top 20」をもとに書きたいと思います。

5月11日を最後に登板がありませんでしたが、6月3日に約1か月ぶりの登板。3回5K無失点という投球。故障を疑われていましたが、問題ない様子。「シーズン全体を見通したイニング調整」とのことです。

2 A.J.コール(AA)
5月17日の試合で7回4安打無失点8Kの好投。

Eastern League Pitcher of the Weekを受賞。


まさに5月はテイラーのために1か月になりました。5月は29試合に出場し.374/.446/.720/1.166 9HR、9SBたる活躍。リーグの月間MVPを獲得しました。素晴らしい。

AAAで無双状態。6月7日現在.371/.476/.586/1.062

5月16日にAで復帰。6回4安打無失点8Kの好投。続くA+での登板では6回途中1失点。ところが26日のAAでの登板では無念の9失点。試合後肘の違和感でDL。嫌な予感が…

8 ブレーク・トレイネン(AAA&MLB)
ジオ・ゴンザレスのDL入りに伴い先発ローテ入り。やや制球に不安が見られます。

9 オースティン・ヴォス(A)
5月に入り本来のコマンドを取り戻しました。5月は6先発で37K/7BBでK/BBは5.3という数字。1.85BB/9

10 ザック・ウォルターズ(AAA&MLB)
グレッグ・ドブス加入に伴いオプション。マイナーでは2BやLFでの出場が目立ちます。

12 ジェフリー・ロドリゲス(A)
Aでデビュー。デビュー戦こそ5回1失点の投球で勝ち投手になりましたが、それから2試合続けて炎上中。6月6日の試合では4回10安打7失点。

13 トニー・レンダ(A+)
ケガから復帰。好調をキープしています。

14 ユーリー・ペレス(AAA)
左足つま先の骨折で60日DLへ。

その他注目選手
マット・パーク(AA)
肘の故障でDL→TJ。お疲れ様でした。

ラファエル・バティスタ(A)

あれよあれよと28盗塁。.293/.347/.408と打撃も悪くありません。

ジョン・ウッテン(A)
今年アスレチックスからトレードされた大砲候補。去年はAで20HR打ってます。今年は5本塁打ながらすでに15二塁打放っており、スラッシュラインも.315/.352/.485という数字。

総括
 全体的にプロスペクトたちはのぼり調子で不振のスコールらも徐々によくなっています。頑張れ。そのうちドラフトに関しても書きたいかなと思ってます。
 今月のMVP:マイケル・テイラー
    準MVP:ジョン・ウッテン